夜行バス仙台東京

片道わずか3,000円台!仙台〜東京便の夜行バスの秘密は?

画像

top2

 

↓割引・キャンペーン中↓

willer

シートが評判のウィラー!快眠にこだわった快適シートがこの低価格!

WILLER TRAVELは公式サイトで割引も♪

結論!仙台-東京の夜行バスおすすめバス会社ランキング

 

片道わずか3,000円台!仙台〜東京便の夜行バスの秘密は?

どんどん進化する夜行バス!

 

画像ビル

夜行バスというと、「疲れる」「乗車時間が長すぎる」といったイメージを強く持っている人が多いようです。

 

たしかに、ひと昔前の夜行バスは、路線バスと同じようなシートを使っていて、お世辞にも「乗り心地がいい」とは言えませんでした。

 

シートは固めでクッションが薄く、中にはリクライニングができないタイプのシートもあったので、乗っているうちに体中が痛くなり、目的地に着いた頃には、全身に疲労感を感じたものでした。

 

したがって、乗車料金の安さにひかれて、仙台まで夜行バスを利用してみたものの、想像以上のからだの疲労感から、次回からは新幹線を利用するという人がほとんどでした。

 

ところが最近の夜行バスは、乗り心地の良さに徹底的にこだわり、以前とは比べ物にならないぐらいの快適なシートを採用したり、ブランケットやアイマスクといったアメニティを提供するなど、快適度は数段アップしています。

 

新幹線と比べると、座席の幅や前後の間隔、そして足元のスペースなど、どれをとっても高速バスのほうが広く、ゆったり感が全然違います。

リクライニング機能などで、からだの疲れを分散!

 

画像

新幹線に乗った時に経験したことがある人もいるかと思いますが、前の席の人がリクライニング機能を使って席を倒すと、自分の席がかなり窮屈になります。

 

特に、血行が悪くなる足元付近のスペースが狭くなり、東京から仙台まで2時間で着くとはいっても、全身の疲労感はかなり大きくなります。

 

しかし夜行バスの場合は、一番安いタイプのバスでも前後との間隔がかなりあって、リクライニングを利用しても周りの乗客に迷惑は掛かりませんし、自分自身も快適に過ごせます。

 

また、スタンダードよりクラスが上の夜行バスにすれば、座席の幅やリクライニングの角度が広がり、シートの材質もグレードアップし、からだの圧力を分散して、寝ている間の疲労を蓄積させないような作りになっています。

料金は新幹線の半分!

 

画像

 

夜行バスの最大のメリットは、なんといっても乗車料金の安さです。

 

新幹線だと、東京から仙台まで片道10,000円以上かかりますが、高速バスになると、

 

日中の便だと最安値でなんと3,000円以下!

 

値段が高くなる夜行バスでも、新幹線料金の半額程度で仙台まで行けちゃいます!

 

バスの種類は、一番乗車価格が安いスタンダードタイプから、座席のクオリティーが高いバスや、女性専用バスなど、実にさまざまなタイプのものがあります。

 

徹底的に節約したい方は、スタンダードでも満足できると思いますが、安い乗車料金に少しプラスして、快適度が高いバスを選び、究極の乗り心地を体験するのもアリでしょう!

予約方法でさらなるお得が!!

 

ビルの画像

東京〜仙台のバス便は、走行距離が比較的短いので乗車料金も安いのですが、各バス会社から発車日のかなり前から予約しておけば、さらに割引価格で日中便や夜行便が予約できます。

 

また、直前にキャンセルが出た場合などは、格安の乗車料金になることもありますし、オフシーズンなどにもキャンペーンが行われて、特定の便が割引されることがあります。

 

高速バスは、複数の高速バス会社から一括して便を探せるポータルサイトから予約している人が多いですが、この方法はあまりおススメできません。

 

なぜなら、高速バス会社から直接バスを予約した時ではないと、こうした特別の割引や特典の付与などがないからです。

 

まずは、このサイトが厳選した3つの高速バス会社のサイトにアクセスしてみてください!

 

ポータルサイトよりも、バスやシートの詳細が記載されていますし、東京〜仙台便のその時点での最安値も表示されているので、非常に見やすいです。

 

さまざまなシートを見たりして、お好みの便を見つけてください!!

 

vip

VIPライナーは女性専用車両あり!

★携帯充電・化粧直しはラウンジで★

 

更新履歴