夜行バス仙台東京シート快適度

夜行バス快適?【仙台-東京間シート乗り心地どう?】

 

スタンダードタイプでも、乗り心地は新幹線より上!

 

とかい

夜行バスの乗車料金が安いことは、かなり世間に広まってきましたが、みんなが気にしているのはその乗り心地です。

 

安かろう悪かろうの乗り心地では、たとえ安い乗車料金でも敬遠したくなる人もいることでしょう。

 

夜行バスの座席は、バスのグレードによって普通タイプのものからハイグレードタイプまで、実にさまざまシートがありますが、

 

一番下のクラスの「スタンダード」タイプでも、新幹線の座席の座り心地より、はるかに上です。

 

実際に、東京から仙台までの新幹線に乗ったことがある方ならお分かりでしょうか、新幹線のシートというのは、かなり固い素材でできています。

 

しかも、隣の席との間隔が狭いので、かなり窮屈ですし、通路側に座っている人がリラックスするために足を出していたら、トイレに行く人や車内販売の台車に、足を踏まれる可能性もあります。

 

快適な乗り心地に積極的に取り組むバス会社

 

とかい

これに対して夜行バス会社は、乗り心地を少しでもよくしようと、たとえグレードの低いバスでも、シートにさまざまな工夫をしたり、快眠のためのアメニティも提供しています。

 

東京〜仙台便の夜行バスは、からだにかけるブランケットを貸し出すのは当たり前!

 

シートは新幹線よりもリクライニングの角度があるので、5時間ちょっとの乗車でも、あまり疲れを感じることがありません。

 

もし、予算に余裕があったら、スタンダードよりワンランク上の車両を予約すれば、その快適度は格段にアップします。

 

ハイグレードな車両にしたとしても、東京〜仙台便のバスの乗車料金は、新幹線の乗車料金より安いので、大変おススメです。

 

VIPライナー

VIP

ip01

img

img

オリオンバス

オリオンバス

ip02

img

img
ウィラーバス

ウィラーバス

ip03

img

img